きり丸の技術日記

技術・エンジニアのイベント・資格等はこちらにまとめる予定です

アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験Lv.1の合格記

掲題の通り、「アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験Lv.1」(Agile Software Development Engineer Exam Level1)を受験し、合格したので合格記を記します。

合格日

2020年11月10日(火)

合格した時の点数

f:id:nainaistar:20201113202346j:plain

結果としては95点と合格基準点の80点よりも大幅に上回りました。ただ、2択までは絞り込めるものの、決め手となる選択肢が見つからない問題も多かったです。

なので、95点自体は非常に優秀ですが、運が良かったとしか思えませんね。

分野 正解率
基礎知識 100%
プロジェクト管理 92%
開発チームの運営 100%
開発技能 87%

どんな試験か

公式引用。

アジャイル開発に参加するのに必須となる知識が出題されます。XP等さまざまなアジャイル開発手法があり、プロジェクト規模も多様ですが、すべてのアジャイル開発に必要なスキルが認定されます。

アジャイル開発に必要な知識を求められます。公式も謳っていますが、総合的に使えるアジャイル開発の知識を求めてくるので、単語がスクラムやXPと微妙に異なります。

私はスクラムの経験者で、認定スクラム開発者のCSDも取得しています。スクラムマスターをチームリーダーという表現されるのが非常に違和感がありました。

f:id:nainaistar:20201113202356p:plain

単語が意味していることは変わらないものの、自信をもって回答ができなかった原因の1つでもあります。

公式ページ


agilecert.org

受験料


受験料金:1万円(税別)

受験会場


全国のプロメトリックのテストセンターに加盟されている場所にてCBTで通年受験が可能です。 it.prometric-jp.com

まだ自宅での受験等はできないようです。

問題数/出題形式/試験時間


  • 問題数
    • 60問
  • 出題形式
    • 選択問題
  • 試験時間
    • 60分

問題数が多かったのと、回答がかなり不安だったので問題を見直して40分くらいかかりました。
ラジオボタンで4択から1つの正答を選択します。

出題範囲


特定のこの本から出る、みたいなのは無いです。

対策本として、「アジャイル検定公式テキスト アジャイルソフトウエア開発技術者検定試験 レベル1対応」がありますので、一読していた方が良いでしょう。

読まなくてもアジャイル経験者なら不要かもしれません。

難易度


合格基準が80%なので基準は高めですが、問題はアジャイル経験者であれば容易です。

だいたい、常識に照らし合わせれば2-3択まで絞り込めます。そこから決め手となる選択は頑張って本から読み取りましょう。

合格に向けた勉強時間と対策

勉強時間:4時間。

本の勉強


本は3時間で読み切りました。そのあと、適宜本を見返したので、実際に使ったのは4時間程度です。

終わりに

過去問が公開されていないので精神的な受験ハードルが高かったです。実際受けると難しくはないのですが。

アジャイル開発をこれから行いたいという人にとっては、受けてみてもいいと思います。


この記事がお役に立ちましたら、各種SNSでのシェアや、今後も情報発信しますのでフォローよろしくお願いします。

f:id:nainaistar:20201115220707p:plain