きり丸の技術日記

技術・エンジニアのイベント・資格等はこちらにまとめる予定です

新人のJava研修でメモ帳を使わせるのは止めてほしい

GWの最後の最後にポエム。


新卒の妹がJavaを扱うIT企業に入社した。
GWでお互い暇ではあったので、きり丸が妹にJavaを教えていたのだが…。

もう…メモ帳での開発はさせないでほしい。

もちろん、基礎を覚えるためにまずはメモ帳でやるのはいい。
javaファイルを作って、javacコマンドでclassファイルにコンパイル
コンパイルしたファイル、HelloWorldさせるまでは、個人的に賛成。

…が、これ以降はEclipseIntelliJ Idea等のIDEを使って覚えさせるべきだと思っている。
なぜなら、私が現場ではメモ帳で開発などしたことがないから。
(Vimでの開発もしたことはないので、それも除きます…)

きり丸も同じようにメモ帳で2週間の研修を受けたことはある。 ただ、あの時期にはメリットはなかった。

あの時期で身に着けた力は、typoを見つけるための目grep力くらいしか上がっていなかったと思う。

もちろん、メモ帳よりIDEは覚えることが多いし、プログラミング未経験では一気にパンクしてしまう可能性は高い。

ただ、どの現場に行っても、IDEでの開発は必須だった。
後回しにするメリットはない。

typoIDEが指摘してくれますしね。

個人的な考えだが、いかにIDEを扱えるようになるか、という点が最も生産性に寄与すると考えている。
もちろん、覚えきれてないショートカットは今でもたくさんありますが…。

新人が以下のメソッドをtypoせずに打てるわけないんだから、やめてくれ。

Integer.parseInt(String s);

setter/getterもIDEの力やlombokで簡単に生成できるんだから、そういう無駄なところに力を使わせないでくれ。

深夜2時に目を開いてソースコードtypoを見つけようとする経験はもう嫌だ…。

どうか、Javaの新人研修をしている方々は、Java研修の2日目にはIDEを使用させてください。
それが願いです…。