きり丸の技術日記

技術・エンジニアのイベント・資格等はこちらにまとめる予定です

【資格】Microsoft Azure Fundamentals(AZ-900)の合格記

昨日、AZ-900に合格したのでまとめメモ。

結果だけ見ると余裕だったけど、試験は嫌いです…。

公式ページ


docs.microsoft.com

受験日


2020年09月17日。

難易度


Azureの資格の中で最も基礎的なもの。

実技等もなく、サービスを覚えることができればOK。

勉強時間


10時間ほど。

何点取ったか


f:id:nainaistar:20200917231735j:plain
合格!

何点満点かよくわかりませんが、とりあえず700点でいいところを900点取れました。

どのような資格か


f:id:nainaistar:20200917231751p:plain
資格

公式引用。

この試験の受験者は、クラウド サービスの基礎知識と、それらのサービスが Microsoft Azure でどのように提供されるかを理解している必要があります。この試験は、クラウドベースのソリューションおよびサービスを使い始めたばかりの、あるいは初めて Azure を使用する受験者を対象としています。

Azure Fundamentals 試験では、クラウドの概念、Azure サービス、Azure ワークロード、Azure のセキュリティとプライバシー、Azure の価格とサポートに関する知識を証明します。受験者は、ネットワーキング、ストレージ、コンピューティング、アプリケーション サポート、アプリケーション開発の概念を含む、一般的なテクノロジの概念に精通している必要があります。

なお、2020年09月15日に試験が更新されたとのこと。
対策はちゃんとしてきましたが、もし落ちてたらなんで早く受けなかったのかと後悔してたと思います。

f:id:nainaistar:20200917231811p:plain
受験3日前に試験が更新される

難しくないとは言われていたものの…。
逆に難しくないと言われていたせいで、落ちると非常にダメージ食らいますからね。

LPICとか1mmも覚えられませんでしたし…。

問題形式


区分としては34つでしたが、問題としてはそれ以上にありました。
雰囲気50問くらい。

「区分1に対して、下記3問に答えよ、各問題ごとに採点する」

と、区分数と回答数が合っていない形式は初めて受けました。
だいたい、こういう問題って全問正答で1点換算する試験しか受けたことなかったので。


基本は4択です。

ただ、回答の仕方はバラエティに富んでいました。

  • リストボックス
  • ラジオボタン
  • チェックボックスで複数選択
  • ABCDに対応するEFGHの正しい組み合わせ選択
  • 画像を表示して目的の操作をしたい場合のブレード(メニュー)の位置を選択

等々、JavaGoldやLPICはここまでバラエティに富んでなかったですね。

筆記は無いです。
また、Azure cliのコマンドを入力することもありませんでした。

なので、頑張れば(問題を覚えれば)ダイレクトに点数に反映されます。


上位試験のAZ-204等ではコマンド入力するのでしょうか…。

そのうちAZ-204も受験するので不安です。

勉強方法


会社でAzureを推奨していたので、会社でAZ-900のトレーニングを受けました。

その時に配布された資料と試験対策資料をひたすら読み込んでました。

会社が提供してくれたトレーニングと同等なのかはわかりませんが。
無料で参加できそうなトレーニングが9/29(火)、9/30(水)の2日間にかけて実施されるので、AZ-900に興味がある方は参加してみるといいと思います。

レーニングに参加するとAZ-900を無料で受験できるバウチャーが払い出されます。
mktoevents.com


なお、他にもAZ-900の情報を集めてそれを参考にしていました。

他者の合格体験記 qiita.com


Azure公式ラーニングパスを読み込んでおくといいと思います。

自動翻訳が優秀なので、ある程度は雰囲気を掴めます。

あと、サインインしておいて、全部自分でコレクション化しておくといいでしょう。

各ラーニングパスは独立しています。
試験ごとにまとまっていないので、まとめておかないと次に勉強すべき内容が分からなくなります。

また、このラーニングパスでサンドボックスを有効化すると、無料でAzureを触って実際にVMを建てたりできます。
3時間経過すると使えなくなりますが、再度サンドボックスを有効化すれば触ることができます。

無料のAzureクレジット使いきってから、Azureは一切開いてなかったですが、こういう仕組みがあるのはありがたいですね。

Azure公式ラーニングパス(日本語)
docs.microsoft.com

AZ-900のラーニングパス(英語)
docs.microsoft.com

きり丸のAZ-900のコレクション
docs.microsoft.com


ここの問題も参考になりました。

Web問題集でAzure試験に合格しよう
learn-azure.cafe

あとUdemyでもAZ-900の試験対策ができるそうですが、私はやりませんでした。

終わりに


試験は嫌いですが、Azureのサービスを一通り学ぶことができるので、その点はやっぱり楽しいですね。

仕事でAzureは触っていますが、必要なものだけしか触っていなかったので、知らないサービスがいっぱいありました。

知識だけは頭に入ったので、後は実践のみ。
クラウドに慣れて、スタートダッシュを早く切れるように今後も努力していきたいです。


もしこの記事が役に立ったのであれば、はてぶ、Twitterでの記事の拡散、twitterのフォローもよろしくお願いします。

私の励みになります。