きり丸の技術日記

技術・エンジニアのイベント・資格等はこちらにまとめる予定です

【Tips】GTimeReportでGoogleカレンダーの予定一覧を出力する(業務時間のうち会議にかかった時間の分析に使用できる)

※ あくまで出力結果から分析できるという話です。分析の話自体は、この記事ではしません。


Googleカレンダーの予定を表形式、スプレッドシートExcel(xls, xlsx)に出力してくれるG Time Reportというサイトがあります。

カレンダーの情報を一覧化することでさまざまな分析ができますので、この記事ではG Time Reportの紹介をします。

ユースケース

  • 労働時間の計算
  • 業務時間のうち会議、レビューの時間に消化したかを可視化したい
  • 勉強会の参加時間、学習時間を可視化したい

私は後者の用途で使用しています。

Googleカレンダーに登録する手間はありますが、読書時間やコーディングした時間等を登録しておくことで何時間勉強したか、ということを可視化できます。

環境

  • Google カレンダー
  • G Time Report

G Time Reportはこちらのリンク先です。 www.gtimereport.com

使い方

自分のGoogleアカウントでログインします。

f:id:nainaistar:20210130190729p:plain

Your Calendarsで出力したいカレンダーを選択します。

出力したい期間や出力先として含めたい・除外したい文言を入力します。

あとは好きなオプションを選択してください。

f:id:nainaistar:20210130190748p:plain

設定を入力後、画面下部にあるボタンで出力します。

そうすると、カレンダーに登録されている時間が出力されますので、振り返りでの分析等に使用してください。

f:id:nainaistar:20210131152727p:plain

終わりに

振り返りツールとしても利用できますが、周りで使用している人がいなかったようなので紹介しました。

予定を出力するツールですので、それ以降の「月曜日火曜日は勉強する」が「木曜日は1回も勉強していない」等の分析まではできません。

使い道が分からない…という場合でも、公式サイトがある程度使い方を示してくれているので、ぜひチラッとでもG Time Reportを使ってください。

f:id:nainaistar:20210130190819p:plain


この記事がお役に立ちましたら、各種SNSでのシェアや、今後も情報発信しますのでフォローよろしくお願いします。